かつみんさんのブログ

かつみんさん。6弦と7弦ギターと農業。

ギターの音色の探究(春畑道哉さんと大村孝佳さん編)

ギターの音色について

 

この人のこのギターの音が至高!

みたいなことをツイッターでツイートしようかなと思ったんですけど、

どう考えても誰からもふぁぼがこないと思ったので、そんなニッチなネタは絶賛このブログにて書こうと思います。

 

 

ギター本体の音は

木材(ボディ×ネック)×ピックアップ×配線

で決まります。

 

 

今回はこのギタリストのこのギターの音が良い!というのを紹介していきます。

今回は木材の特徴の話や、ピックアップの話まで拡張するとまとまりがつかなくなりそうなので、とにかく良いギターはこれって話までにします(笑)。

初心者にもわかりやすく、簡潔にこれが良い!!みたいに伝えていきたいと思います。

 

 

まずはこのギター。


f:id:katmin5z:20170609142920j:image

Michiya Haruhata BWL Stratcaster2005

 

春畑道哉さんのFenderシグネイチュアーモデルの2本目のギターですね。

このギターの音色は鮮烈でした。

もちろん春畑道哉さんが弾いているから良い音、というのもあるのでしょう。

僕にとって究極のギターの1本はこれです。

ノイズすら最高の音、こんなギターあるのか、という感じです。

 

ボディはアルダー、アルダーに艶消しの黒で塗装してます。

ネックはハードメイプルかと思われます。

ピックアップはフロント、センターがフェンダーテキサススペシャル、リアがディマジオ・フレッド。このディマジオのピックアップ…めちゃめちゃ良いですね。フェンダーテキサススペシャルもなかなか良い音を出してます。フェンダーのピックアップもやるじゃんって思いましたね。

 

https://youtu.be/MOztVMQ1T54

こちらがこのギターをライブで使用している映像です。

ぶっちゃけCDよりもこっちのほうが全然立体的で良い音、なんなんだこれはっていう良い音です。もちろんCD、レコーディング音源でも生々しい音が聴けます。いや、CDでもここまでギターの綺麗な荒さをCDで表現できることに驚きます。

TUBEのライブでも2005年の野外は伝説級のライブなんじゃないかなと思います。

 

 

続いてこのギター。
f:id:katmin5z:20170609144001j:image

大村孝佳さんのシグネイチュアーモデルのESP SNAPPER7。

こちらも音の粒が艶々していて立体的で心に突き刺さる音がでます。

ボディはアルダー。アルダーにピンクのラメラメの塗装をしてます。ラメラメかわいい。個性的で素敵です。

ネックはハードメイプルにローズウッド。

ピックアップはフロントがEMG 81-7H リアがEMG85-7Hというのを使ってます。電池駆動式のアクティブピックアップです。ノリの良い音が出ます。

 

https://youtu.be/1AfZH_xdIXE

これはBABY METALのバックバンド達によるライブですね。

Gt.大村孝佳

Gt.藤岡幹大

Ba.BOH

Dr.青山英樹

全員がワールドクラスの日本を代表する演奏家です。

 

藤岡幹大さんのE-Ⅱの7弦もアルダーボディでピックアップがEMGですね。

藤岡さんのアドリブはスケーリング(音の使い方)が変態すぎて、本当に頭のなかどうなってんだっていつも思います。

 

 

 

青山英樹くんはイケメンです。

僕のなかで好きな3大イケメンのひとりに認定してます(笑)

 

いつも笑顔で楽しそうに叩いてる姿を見て励まされてます。

JAM Projectのバックバンドで叩いてるのを見て僕は彼のことを知りました。

一度セミナーで会ったことがあり、背中を叩いてもらっちゃいました。\(^o^)/

あ、脱線しましたね。(笑)

 

 

 

まだまだ紹介したいギターはたくさんあるのですが、

今回の結論を言いますと、ボディはアルダー、ネックはハードメイプルで、ピックアップはディマジオとEMG、というのが僕個人的には好きな音になるんだという、そんな傾向が掴めたなということです。

 

僕が好きだなーと思うギターには共通点があるということを発見できました。

 

もしこれから僕が人生でギターを極めていくのならば、ギターはアルダーボディ×ハードメイプルネック×ディマジオorEMGのピックアップで作るのではないかなと思います。

以上です。お読みいただきありがとうございます。

また良い感じのギター紹介していきます。